クラウドサービスを使い始めたいと思ったことはありませんか?しかし、クラウドサービスは種類が多く、どれを使えば良いかよくわかりません。そこで、初心者でも簡単に構築できるawsを紹介します。awsは、構築はもちろん、さまざまなサービスも提供しているので、とても使いやすいことが特徴のクラウドサービスです。

この記事が、クラウド選びの参考になれば幸いです。

awsの説明をする前に

awsを初心者が理解するには、「クラウド」を理解する必要があります。クラウドとは、クラウドサービスの略称で、ネット回線を介して外部にあるコンピューターを利用できるようにするサービスです。この外部にあるコンピューターのことを「サーバー」といいます。

外部にサーバーを持つことで、他の端末からアクセスしてデータを共有したり、自分の端末のデータ容量が不足したときのためのスペースとして使えます。クラウドで提供されたサーバーの使い道は多く、メールサーバーやプログラム開発の環境構築など様々です。

クラウドは、自分が持っているコンピューターとは別に、外部のサーバーを利用して様々なことに使うことができるサービスとなっています。

awsとは?

awsとは、Amazonが提供するクラウドサービスのことです。awsは「Amazon Web Service」の略称です。多くのクラウドサービスが提供されている中、awsはシェア3割と大規模に展開しています。

awsは、100以上のクラウドサービスを提供しているため、あらゆるニーズに応えることが可能です。また、セキュリティもとても強固であるため、重要なデータなども安心して保管できます。awsは、あらゆるクラウドの需要に対応できるサービスとなっています。

awsの代表的な4サ-ビス

awsには代表的なサービスとして、「Amazon EC2」「Amazon S3」「Amazon RDS」「Amazon Lambda」の4つがあります。Amazon EC2は、仮想サーバーの環境構築ができるawsサービスです。

仮想サーバーの作成は数分で終わるため、すぐに使い始めることができます。作成した仮想サーバーを複製してバックアップを作成することができます。仮想サーバーのデータ容量やスペックも変更可能です。何より、これら一連の作業が、画面上の操作だけで簡単に設定できるようになっていることが特徴です。

Amazon S3は、オンラインストレージサービス、つまりデータ保管に特化したawsサービスとなっています。Amazon S3の保存容量には制限がありません。加えて、非常に高い耐久性を持っているため、データ消失リスクは限りなく0に近いです。

また、Amazon S3に保管したデータは、静的コンテンツであれば配信できる特徴があります。Amazon RDSは、フルマネージドでデータベースが利用できるawsサービスです。MySQLやPostgreSQL、Oracleなどの主要なデータベースには、すべて対応可能です。

データベースのバックアップ処理も画面の操作のみで実行できます。データベースの管理はAmazon側で行ってくれるので、管理の負担もかかりません。そのため、Amazon RDSの利用者は、データベースの作成・利用のことだけを考えてデータベースを使えるのです。

Amazon Lambdaは、任意のプログラムの実行環境を提供するawsサービスです。Amazon Lambdaを使うことで、仮想サーバーなしでプログラムを実行して検証できます。100万回までプログラムの実行を無料で行うことができ、100万回以上実行したとしても、回数に応じて細かく料金が加算される仕様です。

そのため、実行環境のクラウドサービスの利用において、コスト削減の効果も期待できます。

awsのメリット・デメリット

awsの主なメリットには、「導入コストが低い」「リスクに強い」「柔軟性が高い」の3つがあります。awsは、利用を始めるために用意するものが特にありません。そのため、初期費用がほとんどかからずに利用可能です。

またawsには、常に最新のセキュリティが施されています。加えて、awsはさまざまな機関認証を取得しているため、極めて強力なセキュリティの中でクラウドサービスを利用可能です。aws内のバックアップ作成も簡単にできるので、あらゆるリスクに強い特徴があります。

awsは、メモリ・データ容量の拡張や、利用サーバーのスペック変更など、あらゆる要望に応えてくれます。加えて、awsの提供サービスは100以上あり、これらを好みでカスタマイズすることも可能です。awsの主なデメリットは、「ランニングコストが高い」ことと「自由度が低い」ことです。

awsは、初期費用は安いですが、使うにつれて多くのサービスを利用することになります。そのため、利用するサービス量に比例して、コストがかさんでいってしまうのです。またawsは、利用者がクラウドサービスに精通している場合、自由度が低く感じることがあります。

そのためawsは、自社に物理サーバーがあるオンプレミス環境と比べると、利用者自身が微調整を加えることができない特徴があります。

awsの具体的な構築の手順

ここでは「awsアカウント作成」と「Amazon EC2の構築」を紹介します。この2つは、aws利用にあたって、初心者が必ず行わなければなりません。まずは、awsアカウントの作成です。これは、awsアカウントの作成画面の案内に従っていれば問題なく作成可能です。

次に、Amazon EC2の構築です。Amazon EC2の主な構築手順は、「インスタンスの起動」「リージョンの選択」「AMIの選択」「インスタンスタイプの選択・詳細設定」「タグの設定」「セキュリティグループの設定」「設定してきた内容の確認と起動」の7手順です。

まず、作成したawsアカウントでサインインし、「インスタンスの起動」を選択して起動します。次に、リージョンを選択します。リージョンとは、作成するawsサービスを起動させる場所のことです。自分にいる場所に近いところほど起動が速くなります。

しかし、リージョンごとに対応しているサービスに違いがあるので、注意してリージョンを選びましょう。次に、AMIの選択です。AMIとは「Amazon マシンイメージ」の略称です。これを選択・作成することで、後の作業が効率的に行えます。

次に、インスタンスの選択と設定です。インスタンスとは、あらかじめ用意された型を使って、複製して作られるもののことです。ここでは、スペックの型がいくつか用意されているので、自分の求めるスペックの型を選び、インスタンスの大枠を決めます。

インスタンスの大枠が決まったら、ネット環境やデータ容量などの設定を微調整しましょう。次に、タグの設定です。タグの設定は、1つのアカウントで複数のサーバーを持つ時に必要なものなので、今回は割愛します。次に、セキュリティグループの設定です。

ここでは、通信内容ごとに割り振られた「ポート番号」を指定して、そのポート番号に入る通信を許可するかどうかを設定します。利用者の用途に応じて、変更しましょう。最後に、設定してきた内容の確認と作成です。間違いがないように内容を確認し、問題がなければ作成しましょう。

作成し終えたら起動確認し、問題がなければAmazon EC2の構築は終了です。

awsには多くの使い道がある

awsには、ここで紹介した以外にも多くの使い道があります。aws初心者を脱却したら、自分でサービスを自由に付け加えてカスタマイズするとより使いやすくなるでしょう。加えて、今回の内容のほとんどは無料で利用できる範囲の話であり、有料で使えるサービスも含めたらもっと多くの使い道があります。

awsについてもっと勉強して、自分なりのawsの使い方を見つけてみてください。